少年野球の親御さんのほとんどが悩んでいる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

少年野球に関わっている親御さんで、一度も嫌な思いをしたことはないという人がいたら、それはかなりレアなケースです。

指導者や親同士の人間関係、子ども同士のいざこざ等。

残念ながらこの業界のほとんどの親御さんが一度は嫌な思いをしています。

普段から色々な親御さんの話を耳にしますが

時に少年野球に悩んでいる親御さんのなんと多いことか。

それが偽らざる現実です。

 

少年野球の指導者は、その現実をどう捉えるか。

対岸の火事か。

必要悪か。

見て見ぬふりか。

そもそも問題意識もなしか。

それとも。。。

今一人一人の指導者の力量が問われています。

親御さんを悩ましている原因を突き止め、解放してあげられるのは現場の指導者にしかできません。

うちのチームは関係ないで済ますのか。

野球の慣例で済ますのか。

少年野球、見つめ直す時期にきています。

悩んでいる親御さんのためにも

今すぐ動くべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*