試合で勝つための練習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

試合で勝つためには、決められた練習をしなければなりません。

守備で言えば、決められたポジションで、決められた動作、決められた時間で、決められた回数など、すべて決められた練習をしなければなりません。

バッティングも、決められた打順で、決められた役割で、決められた打ち方、決められた時間や本数など自由がありません。

走塁練習も同じ、全て決められたメニューをこなす必要があります。

試合で勝つためには自由度が低く、地味でつまらない練習を繰り返ししなければなりません。

今日が楽しく気持ち良い練習をしているだけでは試合に勝てません。

なので、うちでも「勝つための練習」をします。

「試合で勝つための練習の必要性」を気づいてもらいたいからです。

これは大人ではなく子どもが気づくことが大切です。

自分がその練習を必要だと思えて初めて野球の入り口に立つような気がします。

でもそれを無理強いしてはいけません。

小学生の間は野球の楽しさや面白さに気づいて、野球を好きになることの方が大事です。

気づける子、気づきたい子、気づかなくてもいい子、温度差はみんなバラバラです。

なので気づいて必要だと思えばやればいいし、やらずに気楽に野球を楽しむのも自由です。

試合で勝つための練習は野球を好きになってからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*